6月安全会議(死角、内輪差)

 

今日は死角、内輪差をテーマに講習を受講しました。

 

巻き込みによる事故の中で大型バスは非常に内輪差が大きく、死角が生じやすい凶器であります。

 

その中でどの辺が死角でありバスの内輪差がどのくらいあるか知識として理解しないと大きな事故に繋がる恐れがあります。

 

 

私たちはプロであります。

 

プロとして予想しながら運行をしなければなりません。

 

常に勉強を怠らず、一つでも事故を減らすよう努力していきたいと思います。

 

また先日、自家用車の急な割り込みのヒヤリハットがあり乗務員による共有を図りました。

 

 

車線減少による急な割り込みです。

 

やはり車間距離や急な割り込みの予想、「かもしれない」運転の実行が要求されております。

 

みなさんも「かもしれない」運転を心がけてください!!

 

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせは24時間365日社内受付体制

TEL 0234-62-2929

お見積もり・お申し込みはこちら

スムーズな対応をお約束します!