松山観光バスのSDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

松山観光バスのACTION-1

観光振興・まちづくりへの取り組み

わたしたちの仕事は多くの観光客のお客様を各地へお連れすることを通じて人と人、人と地域を結びたくさんの出会い、文化、歴史の交流を促進しています。

地域のみなさんと地元山形県を愛し誇りを持ちながら新しい観光資源を創出し、国内外の多くの観光客、インバウンドに貢献してまいります。その内容は地域の産業、地産地消、地域ブランドをファーストにみなさんに協働、共生を通じて地域の還元につなげていきたいと思います。

「観光」「サービス業」は経済のエンジンであり世界経済をリ-ドする中心的な役割を果たします。また経済だけでなく地域に住む人々の生活の質の向上、文化遺産や環境保全にもつながります。

わたしたちの観光振興を通じ、更なる「安全」と「世界平和」を創造し目指して歩み続けていきます。

松山観光バスのACTION-2

社員満足向上への取り組み

弊社の経営理念「安心と安全が最大の使命であり全従業員及びその家族の幸せを追求する」の通り、社員のモチベ-ション向上にたゆまぬ努力をしていきます。

無事故表彰、無事故手当といった制度やお客様からのお礼状の掲示など運転スキルだけでなく、職業観にプライドをもてる人間力育成に注力していきます。

また朝の安全会を通じ社員同士のコミュニケーション、ブレインストーミングでの「私たちの会社」という意識を育むべく努力をしていきます。

また男性だけでなく女性の活躍も推進、出産育児休暇の取得促進にも努め「働きやすさ」の向上に努めるべくチャレンジし続けます。

松山観光バスのACTION-3

「安全・安心」と地域の協働、貢献について

弊社は災害の原因となる地球温暖化を真剣に考え、排出ガス規制、新しいバスへの積極的投資を行っております。

また安全だけだでなくサ-ビス業の観点から「CS(顧客満足)」→「PS(個人満足)」、ロイヤルリピーターを創るべく想ってなすこと、想客を目指しております。

一人一人の「個」を大切にし、感動と喜びを創造することにより健康と幸福をお客様に提供していきたいと思います。そしてお客さまからもお取引様からも地域のみなさまからも安心できる企業であり続けます。

また地域のイベントへの積極的な参加や協賛、行政への支援パ-トナ-企業として地域になくてはならない存在価値になるよう邁進していきます。

松山観光だからこそできることは何かを考え、常にチャレンジしていきます。

SDGsの掲げる17の目標はとてもハードルが高く、一旦、断念しました。

しかし、企業が社会の中で生きるためには新しい価値を生み出し、社会のお役に立つことが求められています。安全、安心、快適、人と環境に優しい社会こそが持続可能社会であり一人一人ができることから目標を掲げチャレンジすることが重要であります。

わたしたちは公共交通として果たすべき役割を目標に向かって挑戦し、SDGsの達成に少しでも貢献していきたいと思います。

最後になりますが2030年までに世界の企業、世界の仲間がベクトルに向かって一丸となって目標達成できることを願っております。

松山観光バス㈱ 安全統括者
池田 新

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせは24時間365日社内受付体制

TEL 0234-62-2929

お見積もり・お申し込みはこちら

スムーズな対応をお約束します!