快適なバスによる東北観光地めぐりは、山形県酒田市の松山観光バスがご案内します!

芳賀、舟山国会議員さんが来社

Pocket

みなさん、おはようございます。

酒田市の松山観光バスのブログ担当池田です。

 

 

まずは九州の「令和2年七月豪雨」におきまして

お亡くなりになった方のご冥福と

ご家族へお悔やみ申し上げますと共に、

被害を被ったみなさま、

大きな不安を抱えているみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

 

 

本当に毎年、甚大な自然災害が続いており、

地球温暖化の影響ということをもう一度原点に振り返り、

改めて持続可能な社会を目指していかなければならないと

強く感じております。

 

 

さて昨日、山形県選出の国会議員、

舟山やすえ議員と芳賀道也議員が来社されました。

 

 

このコロナ禍における影響と要望を調査、

聞き取りにいらっしゃったのですが、

今国がコロナ禍における政策、今後の課題、要望を

きちっと業界のためにお話しさせていただきました。

 

 

とにかく薬ができるまで

なんとか雇用調整助成金の延長(9月にて終了)、

固定支出の助成など

売り上げがほぼない中、なんとか生き残れるよう

強いメッセ-ジをお二人に伝えしました。

 

 

お二方はメモを取りながら真摯に受け止め、

国に伝えるとおっしゃっていただき、

不安を抱える私に少し、安ど感を与えてくれました。

 

 

そうかんがえると

やはり新しい様式にあるリモートは

コミュニケーションツールとしては否定はしませんが、

間合いや感情、語調など

強いメッセ-ジを送ったり送るのは

直接にお会いして話すことが

一番通じるのではないかと思います。

 

 

今は仕方がありませんが実体経済を考えた場合、

人、モノが移動するからこそ経済が成立する

と確信しておりますし、

 

 

一期一会こそが

生きていく中で喜びや感動を創造する

人間形成の要素になっていると思います。。

 

 

ステイホームをして

ZOOMにてリモートにて酒飲みをしても

所詮、宅飲みです。

 

 

やっぱりお店が提供する

プロの味は全く違いますし、

お店の雰囲気

お店の人に料理のことを聞いたり

お話することも外食のだいご味です・・

五感を発達させるのも三密がやっぱり必要なんです!!

 

 

アフターコロナとは言われますが

ビフォーコロナに私は戻ってほしいと思います。

みなさんはどう考えますか???

 

 

利己主義、個人主義といわれて久しいなか、

よりこのコロナで超個人主義に拍車をかけるのではないかと心配です。

 

 

いよいよ「GO TO キャンペ-ン」が始まりますが、

安心、安全を担保に

新しい出会いが楽しみでなりません。

みなさんも閉じこもっては生きている意味がありません。

 

 

注意しながら感動を探しに行きましょう~!!

それではまた。。。早くコロナが終息しますように・・・七夕

 

 

 

酒田市 松山観光バス㈱

ブログ担当 池田

 

 

 

Pocket

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせは24時間365日社内受付体制

TEL 0234-62-2929

お見積もり・お申し込みはこちら

スムーズな対応をお約束します!

PAGE TOP