曳山まつりは地域のエネルギー

Pocket

みなさんこんにちは。

酒田市の松山観光バス、ブログ担当池田です。

 

 

梅雨も終盤に入り、

いよいよ夏の本番がやってきそうですが

九州は大雨で大変な1か月を過ごしており心配ですね。

 

同じ日本でも

北と南で本当に天気が違いすぎてびっくりですね。。

 

 

さてそんななか、

秋田、酒田交流事業という酒田市の事業で

秋田市土崎の曳山まつりにいってきました。

 

 

各地域から分担されたタスキをかけ、

各地域の山車を

みんなで引っ張りまわすこのお祭りは

ある意味ではコミュニティを創りだす

大切な神事の行事であると思いました。

 

 

小さな子供から大人まで

それぞれの役割、責任をもち、

地域の代表として参加することは

住む地域に誇りを持てる要素になっています。

 

秋田市全体のお祭りでなく

その地域だけのお祭りで

しかも本祭りは朝まで行い、

学校もお休みになるそうです。

 

本当に田舎の良さをだすお祭りでした。

迫力にびっくりしますよ~!!!!

 

 

さて翌日は秋田城に行ってきました。。

いやいや広いこと。。。

酒田の城輪柵がありますが

比較ならないほどの大きさです。

 

やはり秋田城は港が栄えている街であり

中国や関西からも物流もさかんで

出羽の国として拠点になっていたそうです。

 

酒田もひょっとしたら

県庁になっていたかもしれませんね。

 

 

その秋田城に偉い方用に作った水洗トイレがありました。

奈良時代から水洗問トイレがあったんですから

日本人の知恵と技術にはびっくりです。

 

 

この秋田城はなかなか行くことがなく

今回秋田のボランティアガイドのみなさんから

ご案内していただき

色々な知識を学ぶことができました。

奥深いですね。。。

 

 

やはり旅行に行く際には

現地でガイドを手配したほうが

断然楽しい旅になります。

 

 

秋田は車で2時間・・・

ぜひ、あたらしい旅の再発見にでかけてみてはいかがですか!!

 

 

 

酒田市 松山観光バス㈱ブログ担当  池田

 

 

 

Pocket

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせは24時間365日社内受付体制

TEL 0234-62-2929

お見積もり・お申し込みはこちら

スムーズな対応をお約束します!