岩手県

厳美渓

一関市にある磐井川中流の渓谷厳美渓(げんびけい)。全長は2キロメートルで、栗駒山を水源としています。

かつて仙台藩主の伊達政宗公は「松島と厳美がわが領地の二大景勝地なり」と、この地をたびたび訪れました。現在では、年間70万人以上の観光客が訪れます。国の名勝及び天然記念物にも指定されています。

美しいエメラルドグリーンの水が流れるこの渓谷は、満開の桜には山の紅葉と、四季折々に多彩な表情を見せてくれます。

花巻

花巻は、詩人・童話作家の宮沢賢治(1896年-1933年)の故郷です。

故郷岩手深く愛した賢治は、岩手県をモデルとした理想郷「イーハトーブ」を作品の中にたびたび登場させました。

花巻には「宮沢賢治記念館」「宮沢賢治イーハトーブ館」「宮沢賢治童話村・賢治の学校」ほか、賢治の足跡をたどるスポットが充実。「宮沢賢治記念館」を訪ねる観光客年間20万人を超えます。

また花巻温泉郷は、東北有数の湯どころとしても親しまれています。

猊鼻渓

猊鼻渓は、一関市東山町にある砂鉄川沿いの2kmにわたる渓谷です。

渓谷では、船頭が唄う「げいび追分」を聞きながら、舟下りを楽しむことができます。

流れは静かで、渓谷には高さ50m~100mの石灰岩の岸壁・断崖が連なり、鍾乳洞も見られます。

秋の紅葉はもちろん、新緑の頃には藤の名所としても有名です。

平泉

平泉周辺には、約900年前、藤原氏3代にわたり築かれた絢爛豪華文化遺産が残ります。

代表的なものは、中尊寺金色堂、金色堂覆堂、経蔵、白山神社能舞台、中尊寺境内)と、毛越寺(庭園)。

中尊寺は、金色堂(こんじきどう)をはじめ、3000点あまりの国宝・重要文化財を有しています。

写真は毛越寺で、日本で唯一の平安時代の浄土庭園として国の特別史跡特別名勝に指定されています。

龍泉洞

「日本三大鍾乳洞」のひとつ、龍泉洞国の天然記念物にも指定されています。

調査済みの総延長は約1,200mですが、実際には5km以上ともいわれます。

全部で7つの地底湖を持ちますが、なかでも第3地底湖は水深は98mと深く、その水の色はドラゴンブルーと呼ばれています。地底湖の水は世界有数の透明度を持つことで有名で、名水百選のひとつにも選定されています。

鍾乳石地底湖その水音が織りなす幽玄さは、訪れる者を幻想的な世界へといざないます。

観光案内サイト

「岩手県観光ポータルサイト」はこちら

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせは24時間365日社内受付体制

TEL 0234-62-2929

お見積もり・お申し込みはこちら

スムーズな対応をお約束します!